« 魚たち | トップページ | 芭蕉 »

2006年9月24日 (日)

良寛さん

Photo_8人物シリーズ二つ目は良寛さん。

これも良寛の漢詩を 書いたときに使おうと刻したものです。やはり字との組み合わせが楽しい作品です。

2センチ×4.5センチ

漢詩作品はまた別の機会に。

|

« 魚たち | トップページ | 芭蕉 »

コメント

これまたいいなあ。
この腰の曲がり具合、
猫背になっているところ、
まさに良寛さまそっくりですね。
あったことはないけれど・・・・。

投稿: toraian | 2006年9月24日 (日) 15時37分

車のバックミラーに、大きな黄金の陽が落ちていくのをみながら帰宅。今日の作品をみたら良寛さん。この毬は、やっぱり私には夕日です。落ちないでとまっていてほしいような。

魚たちは黄色い海で あたたかそうですよ。

投稿: お。 | 2006年9月24日 (日) 20時59分

toraian様
 会ったことないけど、会ってみたいですねー。ホントに。
 これは、全く想像で、下書きもしないで作ってしまいました。
 頭がちょっと大きいような気がしますが・・・。
お。様
 お気持ちよく分かります。でも、明日のために、やはり夕日は沈 まないといけないのです。また明日、また明日と元気出していき ましょうよ。黄色の海の方は、本当は青いルリスズメが赤いのだ から、海が黄色だっていい、と開き直っていたのですが、暖かい と言われるとうれしいですね。

投稿: kobottomo | 2006年9月25日 (月) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 魚たち | トップページ | 芭蕉 »