« おもしろ印No.53 椿の茶碗と茶道具 | トップページ | おもしろ印No.55 ミジンコ »

2006年11月 8日 (水)

おもしろ印No.54 菓子箱 鶴乃子

Photo_41 地元の人ならすぐ分かると思いますが、

石村萬盛堂の「鶴乃子」というお菓子の箱です。

鶴の卵の形をかたどったきれいな楕円形です。

白地に黒と赤のとてもシンプルで気持ちのいいデザイン。

隷書の力強い字と鶴の首の黒い線が印象的です。

もちろん、登録商標ですから勝手に複製なんかを作ってはならない

でしょうから、少しだけ変えてます。

鶴の子自体は、マシュマロの中に黄色のあんこが入った、

ふわふわのお菓子です。

とても昔からありましたので、伝統の銘菓なのでしょう。

懐かしい味です。

他にも卵形の菓子箱があるかもしれません。

この形は簡単には捨てられない。

これは、どこからかお土産に貰ったものですが、

箱の上蓋は先日の「海山の創作ノート」で紹介した

「テントウ虫の時計」に変身しました。

まだ下の箱が残っています。

おもしろ印は、2×2センチの石

|

« おもしろ印No.53 椿の茶碗と茶道具 | トップページ | おもしろ印No.55 ミジンコ »

コメント

石村でしたか。
それにしてもあのパッケージまでも
おもしろ印になってしまって、
オモシロイですー^^。

投稿: mo | 2006年11月 8日 (水) 22時37分

mo様
オモシロいでしょ。
現在、新しい記事として
「おもしろ印講座・おもしろ印です」を執筆中です。
一緒に刻しませんか?

投稿: kobottomo | 2006年11月 8日 (水) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おもしろ印No.53 椿の茶碗と茶道具 | トップページ | おもしろ印No.55 ミジンコ »