« おもしろ印No.107 柱時計 | トップページ | おもしろ印No.109 鯛の開き »

2007年1月 1日 (月)

おもしろ印No.108 1月カレンダー

200712_1

新年あけましておめでとうございます。

新しい年を迎えることができました。
いろいろありまして、昨年9月から始めたこのブログで、
なにより自分自身が癒され、力をもらい、新たな一歩が踏み出せました。
皆さんのお陰です。本当にありがとうございました。
今年も、健康に注意して元気に過ごしましょう。
よろしくお願いいたします。

いつも、「海山の創作ノート」の方にUPしていたカレンダー、
創作ノートがちょっと冬眠中?ですので、こちらで出します。
笹を敷いて、その上に松梅模様の伊万里の皿、そして鯛を乗せました。
めでたい、めでたい!

|

« おもしろ印No.107 柱時計 | トップページ | おもしろ印No.109 鯛の開き »

コメント

あけましておめでとうございます。本当にめでたいカレンダーですね。私もいいお正月を過ごすことができました。今年もたくさんのおもしろ印に出会えるのを楽しみにしています。

投稿: はな | 2007年1月 4日 (木) 21時05分

めでたいのですが、これ結構真剣に刻した力作です。
かなり細かなことをやっていますね。
後から見て、どうやったのだろう、と思うところもあります。
今年は、もっと気楽にいこうと思います

投稿: kobottomo | 2007年1月 4日 (木) 23時40分

コメントを読んで、印をもう一度よーくみました。細かい・・、本当に。彫っている線も、残っている線も両方とも。きっと、印刀の切れ味が良いのでしょうね。また、違った角度で楽しみました。

投稿: はな | 2007年1月 8日 (月) 13時32分

楽しんでいただき、ありがとう。
そうですね。やはり、刃物は切れないとだめです。特にここを、という時に、場所が少しずれってしまうと困ってしまう。まあ、大ざっぱに大らかに、少しくらいなくなっても、味がある、というものは、それはそれでいいし、少しくらい丸くなった刀で刻しても、いいのだけれど。要は、ねらい、がどこにあるかでしょう。書と同じです。この印は、パソコンのモニターの大きさよりも実際は小さいので、それなりのに工夫しています。刀もよく切れるし、よく研いでいます。お気に入りの自作印刀です。
まあ、こんなのもあり、というところ。普段いい加減だから、この時くらいは、ね。

投稿: kobottomo | 2007年1月 9日 (火) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おもしろ印No.107 柱時計 | トップページ | おもしろ印No.109 鯛の開き »