« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

おもしろ印No.197 トンパの蛙

Photo_121 トンパの蛙という字です。

どうして蛙にしっぽがあるのか?

オタマジャクシでしょうか。

押印してみて、

漢字の「思」という字の金文によくにている、

と思いました。

| | コメント (0)

2007年3月30日 (金)

おもしろ印No.196 トンパの蝶

Photo_120 これは、字です。

雲南省ナシ族のトンパ文字。

蝶という字なのです。

この前から、創作ノートで書を紹介していますが、

おもしろ印でも刻してみました。

考えてみれば、字は初めての登場かも知れません。

字となると篆刻になってしまいますが、より絵に近い感じで

刻してみました。

| | コメント (0)

2007年3月29日 (木)

おもしろ印No.195 家14

Photo_111 家ももう14件目となりました。

まだ続きそうですが、もう一工夫が必要ですね。

よーく見て下さい。

庭に生き物がいて、こっちを覗いているのがわかりますか?

| | コメント (2)

2007年3月28日 (水)

おもしろ印No.194 家13

Photo_110 木に囲まれた小さな家です。

| | コメント (0)

2007年3月27日 (火)

おもしろ印No.193 エミュー

Photo_109 ダチョウの仲間を調べていて、インパクトの強かったのが、エミューですね。

なかなか迫力のある面構えをしています。

しかし、鳥の顔はちょっと怖いのです。やはり目です。

赤白逆にして、より怖くしてみましたが…。

| | コメント (0)

2007年3月26日 (月)

おもしろ印No.192 鳥 ダチョウの仲間?

Photo_108 本をめくっていたら、なんだか楽しそうに胸を張って歩いている鳥さんがいたので、スケッチしてみました。

でも、この鳥さん、いったい何という鳥でしょう?

ダチョウの仲間だとは思うのですが、答えはまだ出ていません。羽根がとても立派に見えました。

| | コメント (0)

2007年3月25日 (日)

おもしろ印No.191 ふぐ

Photo_107 ふぐの仲間です。

名称は特定できませんが、

ハコフグだろうと思います。

正面から見ると、なおさら可愛いのです。

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

おもしろ印No.190 家12

Photo_106 家12はカナディアンログ。

どこかで、こんな喫茶店ありました。

ちょっと階段を登って頂いて…。

2×2センチ

| | コメント (0)

2007年3月23日 (金)

おもしろ印No.189 家11

Photo_105 家の11。

三件長屋と四本の落葉樹です。

同じものを重ねる、というのはリズムがでます。

| | コメント (2)

2007年3月22日 (木)

おもしろ印No.188 家10

Photo_104 家の10個目。

よくまあ、飽きずに刻していますね。

飽きないのは、いろいろな実験が出来ているからです。

一つ一つ何か違う試みをしているつもりです。

これは立体感が出たでしょう?

2×2センチ

| | コメント (0)

2007年3月21日 (水)

おもしろ印No.187 家9

Photo_103出来れば、家も自作したいです。。

憧れのログハウスです。

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火)

おもしろ印No.186 家8

Photo_102 段々と町らしくなってきました。

小さな小さな町ですが、

美しい町を作ろうと思います。

モデルはありますよ。

まだ秘密です。

この家は、もちろんデフォルメしていますが、

結構忠実に作っています。

2×2センチ

| | コメント (0)

2007年3月19日 (月)

おもしろ印No.185 折紙 兜

Photo_101

 折り紙の三つ目です。

ヒコーキを折ってから、なんだか懐かしくなって折っています。

兜は、子供の頃、よく新聞紙で作りました。

腰には、もちろん棒をさして、チャンバラごっこです。

あの頃の路地の風景が甦ります。

みんなどうしてるかなー。

| | コメント (0)

2007年3月18日 (日)

おもしろ印No.184 家7

Photo_99 家、なかなか楽しい。

どんどん出来てます。

これは、鳥の分だけ、少し時間がかかりました。

これまでのを含めて、家シリーズは全て2×2センチ。

| | コメント (2)

2007年3月17日 (土)

おもしろ印No.183 家6

Photo_98 気がつけば6棟目、建築ラッシュです。

何棟できるでしょうか?

| | コメント (0)

2007年3月16日 (金)

おもしろ印No.182 折り鶴

Photo_97

紙ヒコーキを折ってから、折り紙も楽しくて…。

折り紙といえば、やはり鶴でしょう。

彫り残しを、ちょっとそのままにしておきました。

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木)

おもしろ印No.181 家5

Photo_118


僕には何でも顔に見えてしまうのですが。
やはり、見えるでしょう?

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水)

おもしろ印講座 9回目

おもしろ印講座 9回目です。
ちょっと間隔があいてしまいました。
今回は用具用材の二つ目、印刀です。

Photo_96

(2)印刀
石を刻す為の刀です。鉄製です。刃先の鋼によって善し悪しが決まるでしょう。
一般的に印刀の材料は、鉄と鋼。鋼というのは、硬いものを切ったり加工したりする為の鉄と炭素の合金ということです。一般的に、刃物は刃のところに鋼を使っているわけです。

この材料をを写真のような形の刃に成形します。いわゆる両刃です。
手作りの印刀は、鍛造ということをやって出来上がります。昔から鍛冶屋さんがやって来たことです。この前作らせてもらった時の鋼は、バネ鋼と高速度鋼の二種でした。

さて、印刀は、角のところで刻していきます。
使えば、やはり切れ味が悪くなるので、研がなければなりません。
砥石も必要になります。
羅紋硯の裏で代用したり、その辺の平らな石やコンクリートでもできないことはありません。
僕は天草の海岸で拾った石を使うこともあります。なんと言っても天草砥石と同じですから、ちゃんと研げます。

印刀も書道専門店で購入します。
石の大きさに合わせて、細いものから太いもの、また握りの丸いものと四角のものがあります。
あまり細いものは小さなものしか刻すことができませんから、刃の幅が1センチくらいのものが最初の1本でしょう。これはいろいろな大きさの印に刻せます。
中国製で300円くらいからありますが、刃先がすぐにダメになってしまいますから、長い目で見るともう少し高いものを買った方がいいでしょう。僕の使っているのは、国産品で3000円から5000円くらいのものです。角がなかなか丸くはなりませんので、頻繁に研がなくても大丈夫です。
特に、愛用している、ブログで紹介した手作り、自作の印刀は、とてもよく切れます。
多少硬い鉱物が入っていてもなんのそのです。
しかし、誰もが鍛造が出来るわけがないので、やはり、すこし高いものを買うことになります。

いずれにしても、刃物です。取り扱いには注意が必要です。
箱に入れたり、キャップをかぶせたり、持つ部分に滑り止めの皮を巻いたりして、安全に使えるようにして下さい。

| | コメント (0)

おもしろ印No.180 家4

Photo_117


このシリーズ絶好調!
ところでいったいどこの景色でしょうね?

| | コメント (0)

2007年3月13日 (火)

おもしろ印No.179 家3

Photo_119


家3です。
あまり細かなことをしていないので、
比較的簡単に出来てしまいます。
デザイン勝負となります。

| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

おもしろ印No.178 家2

Photo_112

家2です。
いつも思いますが、何でも顔がありますね。
家だって、顔です。

| | コメント (0)

2007年3月11日 (日)

おもしろ印No.177 家1

Photo_110

おもしろ印展を終えてから、またこつこつとやっていますが、
今度は一日一個、という目標です。
実は、ちょっと難しい。
今日までは守っていますが、どうしてもまとめて刻してしまいますね。
まあそれもいいのですが、毎日刻していこうと思います。

昨日の作、新シリーズ。
家です。

| | コメント (2)

2007年3月10日 (土)

おもしろ印No.176 紙ヒコーキ

Photo_109

実は昨日、紙ヒコーキを作って飛ばしました。
なかなか紙ヒコーキの世界も奥が深いようで、
思うようには飛んでくれなくて、また、いっぱい作ってしまいました。
これは、最も基本的な「へそヒコーキ」という形のものです。

印の方が簡単!

| | コメント (2)

2007年3月 9日 (金)

おもしろ印No.175 アリ8号9号

Photo_94 アリの連続です。

何をしようとしているか。

もうおわかりだと思います。

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木)

おもしろ印No.174 アリ 7号

Photo_108


着実にアリを作ってます。
3号と似てますが、少し違います。
大体全く同じものは出来ません。
そこがいいところですね。
とにかく、あきずにアリをやってます。

1、5×1、5センチ

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水)

おもしろ印No.173 アヒル

Photo_107

この石、印面に亀裂が入っていましたので、
複雑なことは止めにして、
シンプルに、ほとんど一刀彫で無修正の一刻。
特に下書きもせず、アヒルのラインをイメージしました。
案の定、途中で上斜め半分がスパッとなくなりましたので、
手間が省けました。

空を目指すアヒルです。

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火)

おもしろ印No.172 ミドリムシ

Photo_105

ミドリムシです。
原生動物の世界はまだまだ刻してみたいのがいっぱいです。

このミドリムシ。鞭毛運動をする動物的性質をもちながら、
同時に植物として葉緑体を持ち光合成を行う。
動物と植物の区別が難しいらしい。
確かに、緑色をしているので、色を付けたいところ。


| | コメント (2)

2007年3月 5日 (月)

おもしろ印No.171 アリ5号、6号

Photo_104

またまた続いてアリであります。
今度は二匹いっしょに。
5号と6号です。
仲がいいのか悪いのか?
どう見えますか?

| | コメント (0)

2007年3月 4日 (日)

おもしろ印No.170 アリ4号

Photo_103

昨日に続いてアリです。
アリ4号。
正面を向いて万歳しでいます。

| | コメント (0)

2007年3月 3日 (土)

おもしろ印No.169 アリ3号

Photo_93 おもしろ印展のあと、

いよいよ、新しいおもしろ印を刻し始めました。

まずは得意の昆虫からです。

1.5×1.5センチ

| | コメント (2)

2007年3月 2日 (金)

おもしろ印No.168 三月カレンダー

Photo_102

一日遅れてしまいましたが、三月のカレンダーです。
ミミズクと水仙の取り合わせ。

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木)

おもしろ印No.167 ヤモリ

Photo_101

以前マッチの押したのをUPしましたが、改めてします。
実は、おもしろ印展で壁に貼り付けていたのですが、
わかった人いるでしょうか?
おもしろがって、いろいろな仕掛けをしていたのです。

このヤモリがいいと言って、目録にもう一つ押した人もいます。
僕にとっても好きなやつです。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »