« おもしろ印No.220 安曇野 早春賦 | トップページ | おもしろ印No.222 愛車 »

2007年4月24日 (火)

おもしろ印No.221 家18 賢治の注文の多い料理店より

Photo_147 なんだか、ちょっと怪しい建物でしょ?

宮沢賢治の童話集をめくっていて、

注文の多い料理店の挿し絵に目が留まったわけです。

森の中にこんなのがあったら、やっぱり、あやしい。

|

« おもしろ印No.220 安曇野 早春賦 | トップページ | おもしろ印No.222 愛車 »

コメント

こんな家が森の中にあったらあやしいけれど、気になって仕方がない・・・
中には入れそうにないので、まわりで様子を観察してウロウロすると思います。
童話の中の家、新しい切り口ですね。

投稿: はな | 2007年4月24日 (火) 01時38分

こんにちは。
元気でしょうか?

相変わらず多忙な日々ですが、
おもしろ印で気分の切り替えをしています。
でも、もう、ストックはありません。
その日、その日が勝負です。
確かに、新しい切り口ですが、
これから何が飛び出すやら…、
そして、どんどん貯まっていく印の収納はどうするか。
うーん。
まっ、いいか!

投稿: kobottomo | 2007年4月24日 (火) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おもしろ印No.220 安曇野 早春賦 | トップページ | おもしろ印No.222 愛車 »