« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

おもしろ印No.258 鳥三羽

Photo_185 またもや鳥。

困ったときの鳥。

イメージの鳥。

三羽並んだ鳥です。

| | コメント (0)

2007年5月30日 (水)

おもしろ印No.257 甲イカ

Photo_184 この時期はイカの産卵シーズンだそうで、

海岸にイカが集まってきています。

魚屋さんにもいっぱい出てますね。

甲イカやアオリイカは、

なかなか口にできませんが、とてもおいしいです。

| | コメント (0)

2007年5月29日 (火)

おもしろ印No.256 フジツボ

Photo_183  マニアックなものが続きます。

こんな生き物もいるのです。

海岸の岩礁にへばりついている、あれです。

フジツボといいます。

ほぼ原寸大か。

| | コメント (0)

2007年5月28日 (月)

おもしろ印No.255 ヒナ

Photo_182 ヒナです。

何という鳥なのかは、

いつものように、わかりません。

目の表情に注目です。

この何ともいえない情けなさが、出したかったのですね。

| | コメント (2)

2007年5月27日 (日)

おもしろ印No.254 ウミウシ

Photo_181 この奇妙な形の生き物、

ご存じでしたか?

そう、ウミウシといいます。

アメフラシも仲間です。

この仲間は、巻き貝のグループなのだそうですが、

貝殻はどこにあるのでしょうか?

体はナメクジのようで、牛の角のような触角が二本、

花のような物は、えらです。

アメフラシは、鐘崎の海岸でたくさんいるのを見つけて、

驚いたことがあります。

ウミウシは、水族館でしかありませんが、

こちらは、美しい色をしています。

それにしても、不思議な生き物が

すきですねー。

| | コメント (0)

2007年5月26日 (土)

おもしろ印No.253 マイマイ (陸生貝)

Photo_180 もう一つ、刻の練習。

陸生貝マイマイ。

つまりカタツムリの貝殻の部分です。

一刻で、いかにきれいな線になるか。

| | コメント (0)

2007年5月25日 (金)

おもしろ印No.252 ザルガイ(貝)

Photo_179 ザルガイといいます。

ちょうどこのくらいの大きさのものを、

浜辺でよく拾います。

ザルかー。なるほど。

印にしようと思うと、とてもシンプルで

かえって難しいのです。

貝に見えればいいのですが。

まあ、刻の練習と思って…。

2×2センチ

| | コメント (0)

2007年5月24日 (木)

おもしろ印No.251 竹原古墳

Photo_178 福岡県の若宮にある竹原古墳の石室内の壁画です。

子供の頃、小学校の社会の勉強で見に行ったことがあります。

その頃は、本物がそのまま公開されていました。

朱と黒の色鮮やかな木、動物、人物、などの絵が、

しっかりとしたタッチで描かれています。

九州には多くの古墳や壁画が残されていますが、

僕にとっては、古墳といえば、竹原古墳、となりました。

ところで、この印はかなりいい加減です。

また、イメージで作っていまいましたか。

| | コメント (0)

2007年5月23日 (水)

おもしろ印No.250 土偶

Photo_177 これは、遮光器土偶といいます。

青森県に行ったとき、博物館で見ました。

おそらく、それはレプリカだったと思いますが、

それでも、かなりの存在感をもって迫ってきました。

目の表現が凄いです。

| | コメント (0)

2007年5月22日 (火)

おもしろ印No.249 アザミ

Photo_176 いつの間にかアザミが咲いていました。

つみ取るのに、ちょっと痛かったのですが、

職場の一輪挿しに挿しています。

もう少しすれば雨の季節ですか。

| | コメント (0)

2007年5月21日 (月)

おもしろ印No.248 やじろべえ

Photo_175 季節はずれですが、

どんぐりのやじろべえです。

やじろべえ、やじろべー、ヤジロベー

さて、どれが正しいのでしょうか?

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

おもしろ印No.247 オカリナ

Photo_174 オカリナです。

楽器ははじめてかな?

自分でもわからない!

楽器としてよりも、陶芸の造形物として

形の面白さと楽しさに惹かれて、若い頃から持っています。

そういえば最近さわってないですね。

宗次郎でも聴きますか。

| | コメント (0)

2007年5月19日 (土)

おもしろ印No.246 魚(イメージ )

Photo_173 なんじゃい、これは!

という感じの魚ですね。

また、イメージだけで刻してしまいました。

不思議な魚です。

かなり、いかつい顔をしています。

こどもの作った鯉のぼりの様でもあります。

シーラカンスのようでもあります。

ただの空想の産物です。

| | コメント (0)

2007年5月18日 (金)

おもしろ印No.245 カモメのジョナサン

Photo_172 憶えていますか?

あの青い表紙。

真ん中に白いジョナサンの

少しぶれた写真。

印象的でした。

もちろん、いまでも大切に持っている一冊です。

ジョナサンが有名になった頃、

僕は学生で、ジョナサンの物語の朗読テープを聞きながら

いっしょに空を飛んでいました。

いくつか書の作品にもしました。

あの頃から、目をつぶれば、時間と空間を越えて

僕も飛べるようになったと思います。

さて、この印、カモメが赤くなると、イメージが変わってしまいます。

でも、じっと見ていて、目をつむれば反転して、

青白く目の中に残像が映りますよ。

お試しあれ!

| | コメント (0)

2007年5月17日 (木)

おもしろ印No.244 水鳥

Photo_171 さて、何という鳥なのか?

また、イメージで作ってしまいました。

一羽では、淋しかったので二羽にしました。

全工程、20分足らずですが、なかなかシンプルで

気に入りました。

2×2センチ

| | コメント (0)

2007年5月16日 (水)

おもしろ印No.243 「おかえりー」のポーズ

Photo_170 もう一つ犬を。

今度のは、種類でいえば、猟犬、セッターというところかな。

主人が帰ってきて、喜んで出迎えているところです。

目と耳、身体の動き、嬉しそうな表情にご注目。

| | コメント (0)

2007年5月15日 (火)

おもしろ印No.242 ブルドッグ

Photo_169 どこが、皺なのか口なのか?

ちょっと不気味な奴になりました。

犬は、よくこんな風に、丸まっていたりします。

| | コメント (0)

2007年5月14日 (月)

おもしろ印No.241 ワニ

Photo_168

ワニ、ですよ。

ゴジラでも怪獣でもありません。

(確かにそう見えるかもしれませんが)

とうとう、立ち上がったか! 

カタログハウスでナンシーさんがやっていた、

記憶スケッチを思い出しました。

何にも見ずに原稿を作ると不思議なことがおきますが、

そこが、面白いのです。

(むりやり四角に入れたのです。)

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

おもしろ印No.240 鳥の便り3

Photo_166 鳥の便りその3は、

いよいよポストに到着です。

ちょっと変なPOSTですが、

ポストはポスト。

| | コメント (0)

2007年5月12日 (土)

おもしろ印No.239 エアメールの封筒

Photo_165 封筒です。

本当は、赤と青の斜めのラインですね。

想像して下さい。

さて、どんな便りをしたためますか?

その前に、誰に書きますか?でした。

| | コメント (0)

2007年5月11日 (金)

おもしろ印No.238 鳥の便り2

Photo_164 鳥の便りその2です。

今度は、白い鳥。

どんな便りでしょうか?

中身を見てみたくなるでしょ?

| | コメント (0)

2007年5月10日 (木)

おもしろ印No.237 便り

Photo_163 T.Tからの便りです。

封蝋もしてみました。

これなら、はがれる心配はありませんね。

ちょっと、上品すぎるって?

時にはいいでしょう。

| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

おもしろ印No.236 鳥の便り1

Photo_162 鳥の便り。

調子に乗って、いくつか作ってしまいました。

これが、その1。

シンプルに鳥らしく。

2×2センチ

| | コメント (0)

2007年5月 8日 (火)

おもしろ印No.235 水から顔を出した水牛

Photo_161  なんと、不思議なものを出してしまいました。

どうしてこんな題になったかというと、

あるべき口の部分がないけれど、

押印してみたら、

ちょうど、そう見えたからです。

なぜ、口がないのか。 

もちろん、原稿ではあったし、石にも書いてあったのです。

つまり、口の部分を刻したら、なくなってしまったのです。

失敗?

やられました。ちょうど、その部分だけ欠けていたのでしょう。

巧妙に、絶妙に蝋が塗り込められていたらしいのです。

印面を調整したときにも、不覚にもまったく気づきませんでした。

刻したら、空洞です。

でも、くじけない。

まあ、中国製品なら、こんなことはよくあることです。

実にうまい。やられました。

と言うわけで、口がありませんが、

なんとか、水牛の面目は保っているので、

潰してしまうのもかわいそうで…。

失礼しました。

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月)

おもしろ印No.234 桂林風景2

Photo_160 桂林の風景その2です。

すこし高い視点からの風景。

山、川、木々、田園、…。

夕景にしてみました。

| | コメント (0)

2007年5月 6日 (日)

おもしろ印No.233 愛犬

Photo_159 なんと、ブルテリアなのであります。

この犬は、とにかく凄く強烈な印象を

人に抱かせる犬です。

ブルテリア、興味のある方は、インターネットで調べてみて下さい。

最近、とても健康状態も良く、

少しだけおとなしくなりましたが、

たくましくて、とても元気です。

| | コメント (0)

2007年5月 5日 (土)

おもしろ印No.232 鯉のぼり

Photo_158 今日は、やはりこれでしょう。

子供達の成長を願って、

あちこちで、およいでまーす。

| | コメント (0)

2007年5月 4日 (金)

おもしろ印No.231 ミミズクの便り

Photo_157 鳥が便りをくわえて

持ってきてくれる、しかも、ミミズク。

ハリー・ポッターのワンシーンにあったかな。

まあ、鳩がよくあるけれど…。

| | コメント (2)

2007年5月 3日 (木)

おもしろ印No.230 孔雀

Photo_156 実物通りにはどうしてもいかないものがあります。

デフォルメしたり、省略したり…。

いろいろやりながら、

それらしくする。

らしく見えれば、おなぐさみー。

この孔雀などは、まさに、その例ですね。

胴体をちゃんと表現しようと思うと、

顔が小さくなってしまうので、表情が見えなくなる。

やはり、目をしっかり表したいのです。

2×2センチ

| | コメント (2)

2007年5月 2日 (水)

おもしろ印No.229 中国の帆船2

Photo_155 最近中国づいてますね。

中国語の勉強は遅々として進みませんが、

本などを見ているだけで、旅の気分は高まってきました。

いつ、行けるかなー。

2×2センチ

| | コメント (2)

2007年5月 1日 (火)

おもしろ印No.228 桂林

Photo_154 中国らしい風景、

憧れの桂林です。

残念ながら、まだ行ったことがありません。

昨年、桂林旅行の計画して、下調べはしましたが、

実現しませんでした。

だから、また目論んでいます。

さて、この印、ちょっと新しい心境です。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »