« おもしろ印No.337 鮟鱇 | トップページ | おもしろ印No.339 モグラ »

2007年8月19日 (日)

おもしろ印No.338 ホロホロ鳥

Photo_4  つかみ所がない

といえば、この鳥も何とも…。

しかし、黒地に白い班点の

 なかなかお洒落な文様の鳥です。

 なんでも パンタードといって、

フランス料理の高級食材なのだそうです。

僕にとっての、ホロホロ鳥といえば、

筆でして、もう20年も前に購入したものがあります。

鳥の羽の筆は、少々癖があって、

突然意外な動きをしてくれて

不思議な線が書けるので、

時々遊んでいます。

もちろん、食べるなんて、

考えてもいませんでした。

もっとも、そんな財力もありません。

|

« おもしろ印No.337 鮟鱇 | トップページ | おもしろ印No.339 モグラ »

コメント

筆とは驚きです!
わたしは専ら食べる方。アフリカ原産なので、チュニジア料理でもポピュラーな食材です。通販されているので、フレンチで高級にせずとも、自宅で気軽に食べられます。おいしいですよ。。。羽での作品、ぜひ拝見したいです!

投稿: eto | 2007年9月23日 (日) 13時15分

eto 様
始めまして。
ホロホロ鳥、お目に留まって光栄です。
コメントありがとうございました。

さて、羽根の筆ですが、
元々、筆は動物の毛で出来ていますから、
鳥の羽根もいろいろあります。
動物では、羊、馬、イタチ、タヌキ、猫など
ほとんどの毛のある動物のものなら
筆になります。
もちろん、人間の毛もです。
鳥は、鶏、軍鶏、の筆がよく見られます。
ホロホロ鳥の筆も書道の専門店などに行けば、
見かけます。白黒の縞ですから、目立ちます。チュニジアでは、食べた分の沢山の羽根があるでしょうね。
飾り物にでもなっているのでしょうか?

鳥の筆で書いたもの、近いうちに「創作ノート」の方でUPします。

投稿: kobottomo | 2007年9月25日 (火) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おもしろ印No.337 鮟鱇 | トップページ | おもしろ印No.339 モグラ »