« おもしろ印No.395 曼珠沙華4 | トップページ | おもしろ印No.397 九州 »

2007年10月16日 (火)

おもしろ印No.396 曼珠沙華5

Photo_5  もう一つおまけに曼珠沙華5。

 もうおわかりのことと思いますが、

 もう二面残っていましたね。

その残った面の一つです。

もう一つの面は、押印するのに手が痛くならないように

はじめから丸く加工してありますから、

これを削って平らにしてもいいのです。

しかし、面倒なのと、やはり上下は守っておきたいので

五面でやめておきます。

(ごめんなさい)

普通の石印材の場合、

使おうと思えば印材は、最大6面、印面として使えます。

もっとも、まず印材を鋸で切って、複数にしたら、

数が増えますから、まず複数倍になります。

六角形の印材とか、もっと多くて多面体とか…。

考え始めると可能性は広がっていくのですが。

学生の頃、印材を買うお金がなくて

貴重な印材は、まず立方体にして、

サイコロのように六面に刻していました。

経済状態はさほど変わらないし、

印の数も増えてきて、置き場所も考えなければ

ならなくなってきました。

この際、この手で数を増やそうかとも

思っています。

2×2センチ

|

« おもしろ印No.395 曼珠沙華4 | トップページ | おもしろ印No.397 九州 »

コメント

久々の「おもしろ印講座」でしたね。
六面に刻すると、押すときに自分の手にも押印されそう・・・。
一連の(1本の印でしょうけれど)曼珠沙華を
並べて押した絵を、風景を、思い浮かべて楽しんでいます。

おもしろ印たち、
もうすぐ400個ですね!

投稿: あす吉 | 2007年10月16日 (火) 06時38分

こんにちは。
おもしろ印講座、途中で休んでしまいましたが、時間が出来たらまた再開するつもりです。
それにしても、ずるずると休んでいますね。
思い出させていただき、ありがとうございます。

・使用するたびに、ちゃんと拭き取れば
印泥はつきませんが、手に型が残りますね。

・曼珠沙華を全部並べて、も当然考えましたが、UPするのは、しつこいからやめました。
想像して頂ければ、その方がいいと思います。

・400個ですね。400個目の作、今日できるかな。特に代わりばえもしませんが…。

投稿: kobottomo | 2007年10月16日 (火) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おもしろ印No.395 曼珠沙華4 | トップページ | おもしろ印No.397 九州 »