« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

おもしろ印No.532 掛軸

Photo_2 掛軸です。

ちょっと斜めになっているのは

撮影の関係です。

さて、これを使ってどうなるかお楽しみ。

| | コメント (0)

2008年2月28日 (木)

おもしろ印No.531 風見鶏

Photo  いつか登場すると

 思っていたでしょ?

 困ったときの鳥です。

この作、直線がうまくいったようです。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月27日 (水)

おもしろ印No.530 いさぶろうしんぺい号

Photo_2  JR九州、人吉~吉松を走る列車です。

 「うるし色のボディに金のエンブレム。力強いディーゼルの唸りを楽しみながらの峠越えでは、スイッチバックとループ線を走行します。真幸~矢岳間では日本三大車窓の一つに称される絶景を楽しむことができます。」

 と青春18切符のパンフレットに書いてあります。

乗ってみたいなー。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

おもしろ印No.529 ライオンキング

Photo  列車内でのポスターは

 楽しいものがたくさんですが、

 これもその一つ。

黄色のとても印象的なデザインです。

そういえば、ライオンも刻した記憶がありませんし…。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月25日 (月)

おもしろ印No.528 NO SMOK

No_smok  今までどうして作らなかったのでしょう。

 僕にとってはとてもたいせつなのに。

 喘息なんです。

2×2センチ

| | コメント (2)

2008年2月24日 (日)

おもしろ印No.527 えんぴつ?

Photo  えんぴつ?

 ト音記号のえんぴつがあるくらいですから、

こんなのがあっても不思議ではありません。

2×2センチ

| | コメント (2)

2008年2月23日 (土)

おもしろ印No.526 インカ・マヤ・アステカ展のポスターより

Photo_2  通勤途中の列車の中で

目に付いたポスターです。

ちょっと長い展覧会名ですが、

「インカ・マヤ・アステカ展」

その中のおそらく金で出来ていると思われるこの小さな像の顔が

気になりましたので、刻してみました。

是非本物を見てみたいと思います。

福岡市博物館で3月25日から。

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

おもしろ印No.525 ト音記号の鉛筆

Photo  職場の同僚から

 こんな不思議な鉛筆を見せてもらいましたので、

 早速。

 もちろん、ちょっとデフォルメしました。

 なんでも、音楽の都から買ってきたそうです。

 消しゴムまでついでますが…。

2×5センチ

| | コメント (3)

2008年2月21日 (木)

おもしろ印No.524 拳

Photo_2 やり場のない怒り

握り締めた拳をどうしたらよいものか!

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

おもしろ印No.523 松林

Photo  先日、唐津の虹の松原を通りました。

 すばらしい松林です。

いったい何本あるのか…。

ただ、葉が茶色になっているものが目に付きました。

守っていきたい日本の海岸の風景です。

2×5センチ

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

おもしろ印No.522 合格達磨

Photo_3  このシーズン、こんなのを

 よく目にします。

 祈念、合格!

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

おもしろ印No.521 お多福

Photo_2  この前商店街を通ったとき

 お多福の大きいのが口を開けてました。

 もちろん、その口の中を人が通れるようになっていたのですが、

 はて、ぴょっとこや鬼は作ったけれど、

お多福はまだだったような…。

片方だけではかわいそうなので。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

おもしろ印No.520 813系

Photo  毎日お世話になっているJR九州。

 いろいろな車両があります。

 もちろん、顔も違っています。

 これは、普通列車として大活躍の813系の顔です。

 顔は赤と黒、胴体はシルバーと赤です。

 好きな車両です。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月16日 (土)

No.519 城

Photo_2   塔のようになってしまいましたが

  城 です。

  恐れ多くて、失礼で

  とても、どこかの城とはいえません。

  もちろんモデルはありますよ。

  しかし、実はこんなのが好きなのです。

2×5センチ

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

No.518 シクラメン

Photo  和名は かがりび草

 小さな炎のような花です。

 三年前に購入したシクラメンの鉢植えが

 今年も見事に花をつけました。

夏に場所を変えたら環境の違いで枯れそうになりましたが、

元の所に戻したら、元気に復活。

肥料を年に一度やるだけで、植え替えもしてないのですが、

立派に三度目の花を見せてくれました。

よほど、この窓辺が好きなんでしょう。

2×2センチ

 

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

No.517 seagull

Seagull  久しぶりに海。

 目の前を Seagull が

 翼を大きくはためかして

悠然と飛んでいる。

大きくて美しい。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月13日 (水)

おもしろ印No.516 ロボット

Photo

ちょっと頼りなさそうな
ロボットですが、
これくらいがちょうどいい。
あまり進化しすぎると大変ですから。

2×5センチ

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

おもしろ印No.515 日の丸弁当

Photo_3 昔、こんな弁当があったのです。

アルミの弁当箱に

しっかりつまった米

そして、真中に梅干一つ。

日の丸弁当と言います。

中学校のときに

友達の弁当を何気なく見たら

茶色の米に梅干、

まさにこんな弁当でした。

米は玄米なので、茶色だったのです。

今思うと彼の家は

健康志向の最先端を行っていたのですね。

因みに、その彼の今の職業は医者です。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月11日 (月)

おもしろ印No.514 赤鬼

Photo_2  節分は過ぎましたが、

 追われた鬼達は

 いったいどこへ行ったのでしょうか?

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月10日 (日)

おもしろ印No.513 マジックインキ

Photo

 マジックインキの赤です。

 昔からありますね。

 いったいいつ頃から使われていたのでしょう。

 シンナーの臭いがきついので

 最近はあまり使いませんが、

 黄色のは、篆刻で転写の時に使うことがあります。

魔法のインキ と書いてあります。

確かに何にでも書けますから画期的でしたね。

印にしたこれは、キャップの閉め方が悪くて

もう書けません。

2×5センチ

 

| | コメント (0)

2008年2月 9日 (土)

おもしろ印No.512 歌舞伎の隈取(火炎隅)

Photo_3  能から歌舞伎です。

  おもしろ印の素材はいろいろなところに

  ありますね。

さて、歌舞伎のことは、よくわからないので

詳しいことは別のところで調べていただきたいと思います。

隈取については、

筋肉や血の流れの強調として、

隅を取る、のだそうです。

その点、中国の京劇とは違います。

京劇は顔に面をつける代わりに

直接顔に面を描いてしまいます。

面そのものなのです。

隈を取るのとは違うのですね。

そんなことに納得しながら、

この隈取、

いろいろな隈取の中でも

代表的なものの一つ、

「火炎隈」です。

義経千本桜の狐忠信の隈取。

炎の立ち上がるような勢いをもち、

血気の溢れる様子を表しているそうです。

2×2センチ

| | コメント (2)

2008年2月 8日 (金)

おもしろ印No.511 リボン

Photo  ちょっと似合わないなー。

 2×2センチ

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

おもしろ印No.510 玄関の灯り(○と鳥)

Photo  犬の散歩中に、

 こんなに楽しい玄関灯りの装飾を見つけました。

 鉄板でできているようですが、

 定かではありません。

 ただ、本物は鳥が2羽でしたが、

 3羽に代えました。

2×5センチ

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

おもしろ印No.509 ヒエログリフ tomo

Tomo  ヒエログリフのその2です。

 今度は左から読むように

フクロウの体を左の方向へ向けました。

器をひっくり返したようなのが t

次の不思議な形のが o

フクロウが m

です。

2×4.9センチ

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

おもしろ印No.508 ヒエログリフ かいざん

Photo_4  もう一つ かいざん です。

 ただ、ちょっと変化をつけてヒエログリフで。

ヒエログリフというのは、ご存知の通り古代エジプトの文字です。

ほとんど絵のようですが、表音文字のようです。

(詳しいことは、ネットで検索してください。)

面白いことに、横書きでも縦書きでも

しかも、横書きでは左右どちらからでも読めるのです。

もちろん、ルールがありまして、

鳥やものの向かっている方向の端の字から読み始めます。

つまり、この印では、鳥の向いている右側から読んでいきます。

実は、慌てたもので、原稿を石にそのまま写してしまいました。

字の場合、普通は逆字つまり逆さまから見た字を石に書き写すのです。

押してみたら逆ではありませんか!

でも、これでもちゃんと読めるのだ、と安心したのです。

ヒエログリフはすごいのです。

わが国のひらがなもすごいですね。

縦、横自由です。

左右もなんとか読めますね。

2×4.8センチ

| | コメント (0)

2008年2月 4日 (月)

おもしろ印No.507 海山その4

Photo_3  海山のその4です。

 これが一番気のお気に入り。

 こからの作品に押せるかなー、と思っています。

2.5×2.5

| | コメント (0)

2008年2月 3日 (日)

おもしろ印No.506 海山その3

Photo_2  続けて海山です。

 はじめたら、あーしてみよう、こうして見よう、と

 いろいろやってしまいます。

珍しく朱文のふちなしで。

2.5×2.5

| | コメント (0)

2008年2月 2日 (土)

おもしろ印No.505 海山その2

Photo_3  海山の雅号印です。

 絵のような字です。

 海の中の活火山が活動しているところです。

さて、この印は、この前からの赤提灯4つの後に

 その石に刻したものです。

つまり、これは六面印で側面の赤提灯4つと

上下の海山2つ ということですね。

 

1.9×1.9センチ

| | コメント (0)

2008年2月 1日 (金)

おもしろ印No.504 赤提灯4(そば)

Photo_2  調子に乗って4つ目です。

 一応、そばで〆ということにしましょう。

 そばは大好きで毎日食べてもいいくらいです。

 (実際ほぼ毎日ですが)

駅のホームのそば屋さんもよく利用します。

そば粉がどのくらい入っているのか、

ちょっと、疑問ですが、案外おいしいところがあります。

旅行などで立ち寄ると

つい食べてみたくなりますね。

いうまでもありませんが、

海山軒は架空です。

1.9×2.2センチ

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »