« おもしろ印No.557 か 蛙の面に… | トップページ | おもしろ印No.559 木馬 »

2008年3月26日 (水)

おもしろ印No.558 よ 夜目遠目かさのうち

Photo いろはのシリーズ第15弾は

よ。

「夜目遠目かさのうち」ときましたよ。

いかに美人を表すか、ちょっと難しかったですね。

意味は、夜見たのと、遠くから見たのと、笠をかぶっているのを

覗き見たのでは、女性の顔は実際より美しく見える、ということです。

つまり、背景の如何で女性の姿は実際以上に美しく見える、ということ。

かさを「傘」に、背景を夜の雨降りとしてみました。

もちろん、後姿がいいですね。

今朝の通勤列車の中、向かいに座った女性の化粧タイム。

「夜目遠目…」なんて、あったものではないです。

化粧とはよくいったものです。ハイ。

現代ではこんなことは当たり前。

「夜目遠目車の中」かなー。

2×2センチ

|

« おもしろ印No.557 か 蛙の面に… | トップページ | おもしろ印No.559 木馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おもしろ印No.557 か 蛙の面に… | トップページ | おもしろ印No.559 木馬 »