« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

おもしろ印No.593 ま 蒔かぬ種は生えぬ

Photo_2  いろはシリーズ ま

「蒔かぬ種は生えぬ」

原因がないのに結果が生じるはずがないということ。

でも、逆に種を蒔いたからといって必ず出てくるわけでもありません。

でも、やはり、蒔かねば絶対に生えてこないのです。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月29日 (火)

おもしろ印No.592 梅花石

Photo   これはなんでしょう?

 これだけではまずわからないでしょう。

JR門司港駅の待合室にあるのです。

そう、知る人ぞ知る、梅花石。

門司の白野江青浜海岸にある天然記念物。

約3億年も前のウミユリという生物の化石です。

ちょうどその断面が梅の枝に見えたり花やつぼみに見えるものですから

梅花石といいます。

石は輝緑凝灰岩で、つまり硯の石なのです。

この石で作った硯を以前創作ノートで紹介しましたね。

立派な化石が

区役所やレトロ地区の旧大阪商船などで展示されています。

どんなものか一度ご覧になってください。

2×2センチ

| | コメント (6)

2008年4月28日 (月)

おもしろ印No.591 や 薮蛇

Photo_2  いろはシリーズ や

 「薮蛇」正しくは

 「藪をつついて蛇を出す」です。

不要なことをしてかえって災いを受けるたとえ。

これも、よくあることです。

口は禍の元と同じように、注意しなければ!

| | コメント (0)

2008年4月27日 (日)

おもしろ印No.590 モアイ像

Photo  ご存知イースター島のモアイ像。

 石の造形物の表現をしてみたくて。

 サングラスをかけたおじさん?

 ですかね

 5×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

おもしろ印No.589 く 口は禍の元

Photo_3  いろはシリーズ く

 「口は禍の元」

ですねー。

本当にこれでよく失敗するのです。

反省、反省。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

おもしろ印No.588 お 鬼の目にも涙

Photo_2  いろはシリーズ お

 おは「鬼」のつくのが多いのです。

 絵としては、「鬼に鉄棒」は既に刻したので、

今回は「鬼の目にも涙」です。

無慈悲な人でも時には人情にうたれることもあるというたとえです。

はて、鬼のような人 最近いますかねー?

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月24日 (木)

おもしろ印No.587 ハーモニカ

Photo  ハーモニカ

 それも10ホール、ブルースハーブというものです。

いつか始めようと思って買っていましたが、

ボチボチさわりはじめました。

楽器というジャンルは意識して手をつけていませんでしたが、

ウクレレ、ギター、についでハーモニカと

そろそろ登場でしょうか。

このブルースハーブはS,Yairi のもの。

他にも、いつのまにか2個所有。

2×5センチ

| | コメント (0)

2008年4月23日 (水)

おもしろ印No.586 の 暖簾に腕押し

Photo_2 いろはシリーズ

の はやはり「暖簾に腕押し」です。

とうとう、この手のことわざ全部刻してしまいました!

ハハハです。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

おもしろ印No.585 瓢箪

Photo  ギターからの連想です。

 瓢箪の栽培は何度か挑戦しましたが

 なかなか思うようにはいきません。

また今年もいろいろな植物の植付けの時期をむかえました。

計画を練らなければなりません。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

おもしろ印No.584 ギター

Photo

これは、古いタイプのギターの形です。
フォークギターしか知らなかったのですが、
こんなきれいなギターがあることを最近知りました。

2×5センチ

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

おもしろ印No.583 アザラシのともさん

Photo_2

・アザラシ
アザラシのともさん です。
スナメリよりは分かりやすいかな。
でも、オットセイなのか トドなのか、
よくわかりませんね。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月19日 (土)

おもしろ印No.582 スナメリ

Photo

・スナメリ
つるっとした感じがなんともかわいいスナメリです。
単純ですが、単純なほど難しいのです。
2×2センチ

| | コメント (2)

2008年4月18日 (金)

おもしろ印No.581 ゐ 井の中の蛙

Photo  いろはシリーズ ゐ です。

 い と ゐ の区別は難しいですね。

 詳しくはまたゆっくりと。

今日は取りあえず

「井の中の蛙」でいきます。

こいつ何か言ってますね。

吹き出しの中に言葉を入れてみてください。

「井の中の蛙大海を知らず、されど井戸の深さを知る」

なんて、ね。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

おもしろ印No.580 う 馬の耳に…

Photo_2  いろはシリーズ う

 「馬の耳に念仏」です。

 いくら意見をしてもききめのないことのたとえです。

猫に小判、糠に釘、も同じですが、この二つとも印にしましたね。

いや、三つ。豆腐にかすがい、もしましたね。

次は、暖簾に腕押し、かな?

それにしても、馬の目は大きくて美しいと思います。

2×2センチ

| | コメント (2)

2008年4月16日 (水)

おもしろ印No.579 藪椿

Photo  職場の窓の外をながめれば、

 大木の藪椿が満開です。

 全体の姿もいいですが、

一輪一輪美しいです。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

おもしろ印No.578 ひょこりひょうたん島

Photo_4  まだテレビが家にやってきて間もないころの

思い出に残る番組です。

NHKの子供向け人形劇。

たのしかったなー。

わかる人は、それ相当の年齢の人ですが…。

記憶をたどってこんな感じの島でした。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

おもしろ印No.577 む 六日のあやめ

Photo_3  いろはシリーズ む

 む はいいことわざがありませんねー。

 なんだか、めいってしまうようなものばかり。

「無理が通れば道理がひっこむ」とか

「胸に一物」とか。

この「六日のあやめ」は

あやめは五月五日の節句に使うことから、六日では遅れてしまい、

時機におくれて役にたたないことのたとえです。

後の祭り、十日の菊 というのも同じですね。

でも、あやめはあやめ、花としては充分に美しいのです。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

おもしろ印No.576 ら 楽あれば…

Photo_2  いろはシリーズ ら

「楽あれば苦あり」

楽の後には苦労がくる、

世の中いいことばかりではない。

逆もまた真なり、かな。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

おもしろ印No.575 電話

Photo  この前、家に携帯電話を置き忘れた日に

(もっとも、いつもカバンの中に入れっぱなしで

不携帯のことが多いので、あまり関係ないのだけれど)

ある駅で電話しようと思い、公衆電話を探した。

しかし、ホームにも構内にもない。

ちょっと前には確かにあったはずなのに…。

携帯電話の普及で利用者が減って撤去したのだろうか。

すべての人が携帯電話を持っているわけではない。

せめて公共の施設には残しておいてほしい。

そんな訳で、今日は懐かしい電話。

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

おもしろ印No.574 ふきのとう

Photo  今年ふきのとう食べましたか?

 九州ではもうとっくに花になっていますが、

 東北地方では今ごろ食べごろでしょうか。

春の味ですね。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

おもしろ印No.573 鳥

Photo_2  困った時の鳥です。

 何の鳥だかわかりません。

 2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

おもしろ印No.572 桜餅

Photo  羊羹食べたい日

家に帰ったら

なんと、桜餅があったのです。

筑豊の有名な老舗のお菓子屋さんのです。

これがおいしくて。

米は白いままですが、

桜の花びらがついています。

香りのとても良い逸品です。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

おもしろ印No.571 羊羹

Photo  ご覧の通り

羊羹であります。

よほど腹がへっているとみえて

今日はこれしか思いつきませんでした。

ついに食べ物まで手を出してしまいました。

よほど素材に窮しているのでしょう。

それにしても、羊羹食べたいなー。

2×2センチ

| | コメント (2)

2008年4月 7日 (月)

おもしろ印No.570 ラクだ

Photo_3  よーく見てください。

 ラクダが座っていて

 「楽だ」ですね。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

No.569 な なせばなる

Photo_2  いろはシリーズ

 な

 「なせばなる」のだ!

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

No.568 辛夷

Photo  我が家の辛夷。

 花びらの数がなんと

 26枚もあるのです。

かなり豪華に見えます。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

No.567 ね 猫に小判

Photo いろはシリーズのね

 やはり、「猫に小判」でしょう。

 特に説明する必要もないのです。

でも、招き猫なんていう、お金と大いに関係のあるものもありますよね。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

おもしろ印No.566 つ 月にすっぽん

Photo_3 いろはシリーズ

つは「月にすっぽん」

 どちらがいいとか悪いとかではなく

月とすっぽんはまったく別のものだという意味です。

このすっぽん、月にむかって吼えています。

2×2

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

おもしろ印No.565 鉋かけ

Photo_2  先日、まな板に鉋をかけました。

 もう30年も使っているまな板です。

 時々連れ合いの要望によって鉋をかけるのですが、

今回はじめて裏側もかけてみました。

裏側は、魚のマークが入っていて、魚専用としていましたが、

最近魚をやめて、犬用にしたもので使用頻度が上がり

真中が少しへこんできたのです。

そこで、鉋をかけてみたのですが、

このまな板、五枚板の集成材で、しかも裏には節があるのです。

節があるだけでも、鉋はかけにくいのですが、

五枚の板の目が中の二枚だけ違うのです。

つまり、鉋をかけようとするとこの二枚は他の板と目の方向が逆なので

いわゆる逆目となって、ささくれてしまうのです。

というわけで、悪戦苦闘、鉋のくずはたくさん出来ましたが、

なかなかうまくいかず、

まな板はいつのまにかやせ細ってしまいました。

とほほ。

しかし、鉋かけのいい練習になりました。

時々気持ち良くうすーい紙のような、きれいな鉋くずが出てきてくれると

うれしいものです。

それにしても鉋かけは難しい。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

おもしろ印No.564 そ 俎上の魚

Photo いろはシリーズのそ

「俎上の魚」

そ は普通「惣領の甚六」とか「袖振り合うも…」ですが、

今回はこれにしました。

俎とは、まないたのこと。

つまり、まな板の上の鯉。

袋のねずみ、ですね。

はたして運命や如何に!

2×2センチ

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »