« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

おもしろ印No.655 並木

Photo_3  並木

 よく見ると

雪でも降っているよう。

新潟の空を思い出した。

2×5センチの石

(六面刻なので、幅が細くなった)

| | コメント (0)

2008年6月29日 (日)

おもしろ印No.654 矢印

Photo_2  バスの中でウインドガラスにぶつかって

 方向を急に変えながら落ちてゆく雨の雫を見ていたら、

 矢印になってしまいました。

 

折れる

曲がる

方向変換

挫折

許容

愚直

なをもまっすぐに

挑む

再挑戦

あくまでも

それでもか

あきらめない

また挑む

進む

ただの落書き

2×5センチの石

 

| | コメント (2)

2008年6月28日 (土)

おもしろ印No.653 グッピー

Photo   この季節になると決まって

  鑑賞魚を飼ってみたくなるのです。

 しかし、もうこれ以上手間隙かかる生き物は

飼うべからず。…。

で、これで我慢しておきます。

2×5センチ

| | コメント (0)

2008年6月27日 (金)

おもしろ印No.652 二十日大根

Photo_2  二十日で出来るから二十日大根。

 でも、実際はそう簡単にはいきません。

 いっぱい種を蒔いても

 虫やナメクジに食べられてしまうのか、

肥料がたりないのか。

なかなか満足には育ちません。

単にへたくそなのかもしれませんが…。

それでも収穫できたらうれしいですね。

2.5×5センチ

| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

おもしろ印No.651 グリーンピース

Photo   5月、6月といろいろな野菜が出回ります。

 地元で取れた旬のものを食べる、

 これが基本だと思います。

 グリーピースの時期はちょっと前でした。

 今は、玉葱とジャガイモですね。

毎日ジャガイモ食べてます。

大好きだからいくら続いても大丈夫!

この印、ちょっとパソコンで色つけてみました。

2×5センチ

| | コメント (0)

2008年6月25日 (水)

おもしろ印No.650 赤いパプリカ

Photo_2    パプリカです。

  リンゴではありません。

  ピーマンでもありません。

(わざわざ赤い と入れたのは、

やはり間違えられそうだからですね。

ははは。)

2×2センチ

 

| | コメント (0)

2008年6月24日 (火)

おもしろ印No.649 バルタン星人

Photo  ウルトラマンよりバルタン星人です。

 この前の、ウルトラQはわからない人もいたようですが、

 ウルトラマンはご存知ですね。

毎回どんな怪獣が出てくるか、楽しみにしていましたが、

このバルタン星人が一番印象に残っています。

奇抜な容姿からだと思いますが、

なんと蝉とザリガニを合体したようなやつでした。

憶えてますか?

2×2センチ

| | コメント (4)

2008年6月23日 (月)

おもしろ印No.648 ジュゴン

Photo_4  ジュゴンです。

 なんだか小さいと芋虫みたいですねー。

 クリックしてみてください。大きくなりますから。

大きいとそれなりに迫力が出てきます。

2.2×5センチ

| | コメント (0)

2008年6月22日 (日)

おもしろ印No.647 スウェーデンの岩絵より

Photo_3 スウェーデンの古い遺跡にこんな岩絵があります。

 これは犬が狩のお伴をしているところですね。

2×2センチ

| | コメント (2)

2008年6月21日 (土)

おもしろ印No.646 鳩

Photo_2 駅のホームで

 餌をおねだりしている鳩をよく見ます。

この鳩、何か食べている人の前を離れようとしません。

僕もパンを食べているのをみつかってしまったことがあります。

僕の目の高さで飛びながら、そうまるでハチドリかカワセミのように

羽根をバタバタしながら静止しているのです。

仕方ないので、お裾分けをしてあげました。

鳩もここまでやるのです。

学習能力が確かにあります。

どうやら縄張りがありらしく、他の鳩が近づくと追い払います。

それで、他の鳩より一周り大きく、丸々と太っています。

でも、人間が食べているものなら何でもいいようですから、

健康的には心配です。

きっとメタボでしょうね。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月20日 (金)

おもしろ印No.645 キサゴ

Photo  暑くなってくると

 海が恋しくて

 つい、こんなものを刻してしまいます。

この貝は、ガラス質の殻がきれいな貝です。

おはじきに使われていたとも言われる貝です。

もちろん食用で食べた後、遊んだのでしょうね。

食べたことありますよ。

海辺の町なんかに旅して、ちょっと一杯やったときに

酒のつまみで出て来たりしましたね。

今はめったにお目にかかりませんが、

絶滅危惧種だそうです。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月19日 (木)

おもしろ印No.644 アライグマ

Photo_3  ネタが切れた時、

 困った時は図鑑です。

 やはり、目があるものがいいので、

動物になります。

まだまだ刻していないものばかりです。

しかし、そのままスケッチしたのでは面白くないので

ちょっと変えてみます。

これはかなり省略してます。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

おもしろ印No.643 豚

Photo_2  ダルメシアンから豚、

 どういう連想なのか。

 

我が家の犬は、よくいろいろなものに間違われる。

それほど珍しくも不思議な生物らしい。

その中で、もちろん、この豚に間違われることも多い。

最近は体重を落としてスマートになり、ウエストがしまって

ダルメシアンに近い体型になってきたと思う。

当然、足はダルメシアンほど長いはずはないが…。

そう、ここで、ダルメシアンと豚がつながったでしょ??

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月17日 (火)

おもしろ印No.642 ダルメシアン

Photo   続いて犬です。

 ご存知、101匹ワンちゃんのダルメシアン。

 いっしょに暮らしてみたい犬種の一つです。

ブルテリアの黒の斑点模様は、このダルメシアンを掛け合わせることによって

できたものだそうです。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月16日 (月)

おもしろ印No.641 日本犬

Photo_3  凛々しい日本犬はかっこいいと思います。

 主人にだけしかなつかない、というような

やたらと尻尾を振らないような

そんな感じがします。

これはちょっと犬相が悪く見えるかな?

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月15日 (日)

おもしろ印No.640 ゴリラ2

Photo_2  どこかで見た絵本にこんなのがありました。

 とてもインパクトのある動物絵本です。

 これも記憶スケッチですが、

一刀彫りで。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月14日 (土)

おもしろ印No.639 ピグモン

Photo  もう一つ、ウルトラQで思い出しました。

 こんな怪獣がいましたね。

 確かピグモンといったはず。

定かではありませんが、印象を刻してみました。

全然怖そうな怪獣ではありません。

でも、こんなのを憶えています。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月13日 (金)

おもしろ印No.638 カネゴン

Photo_2   犬の散歩中にこんな置物を見つけた。

 なんと懐かしいカネゴンではないか!

 コイン星人カネゴン。

コインを食べていないと生きてはおれないという怪獣。

ご存知、ウルトラQに登場する怪獣だ。

突然子供のころに引戻してくれた。

| | コメント (0)

2008年6月12日 (木)

おもしろ印No.637 どこでもドア

Photo  なにげなく彫り始めて

 いつのまにか木製のドアになった。

 紙に押してみたら、

 そこに、当然のようにドアが出現した。

なんだ、どこでもドアじゃないか!

これを押すと、どこでもドアになってしまうのだ。

ドアを開けると、はたしてどんな世界があるのだろうか?

2.5×5センチ

| | コメント (0)

2008年6月11日 (水)

おもしろ印No.636 踊る人形

Photo_2   これは、中国の周時代の人形です。

 「黒陶舞伎」といわれているものです。

黒い陶器で出来ているわけです。

 写真で見たものを刻しましたので、

表情がはっきりしていませんが、踊っているといわれているこの格好が

なんともユーモラスなので、思わず彫ってしまったのです。

あまり感じがでていませんが…。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月10日 (火)

おもしろ印No.635 キューピーさん

Photo   やっとメンテナンスが終わったようなので

 一安心。取り急ぎUPします。

 このブログは、ちょくちょくメンテナンスが行われて

 その都度、なかなか時間がかかりますね。

 「創作ノート」の方は、そのままにしておきます。

2.5×5センチ

| | コメント (0)

2008年6月 9日 (月)

おもしろ印No.634 す 好きこそものの上手なれ

Photo_2  いろはシリーズ す

 「好きこそものの上手なれ」

 好きであることが、物事の上手になる最も重要な条件である。

そうですねー。

好きでなくっちゃ続けられないのです。

僕は10歳の時に書をはじめて、

好きで、あれから44年も続いています。

このおもしろ印も、今回で634かいですか。

我ながら、よく続くものと思うのですが、

これも好きだからです。

さて、この図は、筆を持っているところ。

まっすぐに、これが基本ですね。

この状態を文字にしたのが、書という字。

つまり、筆と手の合体した字です。

おもしろいですね。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月 8日 (日)

おもしろ印No.633 せ 船頭多くして…

Photo  いろはシリーズ せ

 「船頭多くして船山に登る」

物事をすすめるにあたり、さしずする人間が多くて

統一を欠き、かえって目的と違った方向に進んでしまうことのたとえ。

結果としてかわいい作になった。

お気に入りの一点となった。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月 7日 (土)

おもしろ印No.632 J

J  我が家では、一年ほど前に、獣医さんの前に捨てられ

 動物管理センターに運ばれて、心身ともに衰弱し

 ボロボロになっていたミニのブルテリアを保護しました。

一年たって、腕白坊主は元気に、そして、

段々とお利口さんになりました。

ここで凛々しい肖像を一つ。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

おもしろ印No631 も 桃栗三年柿八年

Photo_2  いろはシリーズ も

 「桃栗三年柿八年」です。

 その続きで、「達磨は九年俺は一生」

なんていうのもありますね。

書道では「墨磨り三年書き八年」なんてことをいったりもします。

この作は、素直に桃、栗、柿、それぞれの実を描いてみました。

さて、このいろはシリーズも、もう「も」まで来てしまいました。

残りわずかです。

長いような、早く終わってさびしいような…。

新シリーズを考えなくちゃ。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

おもしろ印No.630 鯨2

Photo   最近、こういう切り取り方が気に入っています。

  部分ですが、鯨に見えますか?

  2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月 4日 (水)

おもしろ印No.629 ひ 瓢箪から駒

Photo_3  いろはシリーズ ひ

 「瓢箪から駒」

 思いがけないところから思いもよらないものが出てくること。

特に冗談が事実になったりしたときに使います。

うそから出たまこと、というのもありますね。

駒は将棋のこまではなく、馬のことです。

春駒とか若駒とかいうでしょう。

瓢箪のような出口の細い小さなものから

大きな馬が出てくるのですから、ビックリですね!

でも、想像するとおもしろいです。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

おもしろ印No.628 顔

Photo_2  矢印を四面に刻した

 残りの面を見ると、こんな形。

 もったいないので、顔を刻してみました。

どこかで見たような…。

長野オリンピックのキャラクターにちょっと似ているかな?

とにかく、周りはもちろん手をくわえずに、顔を即興で刻したもの。

1分くらいか?一刀彫り。

2×2センチ

| | コメント (2)

2008年6月 2日 (月)

おもしろ印No.627 筆記体の矢印

Photo  矢印も進化しつづけます。

 この石、四面刻しました。

 それにしても、最近の中国石印材は

 値段は高騰、そして、質は低下、という傾向にあります。

 この石は、安い青田石というものですが、

ちょっと前までの物より不純物の混じったものが多いようです。

途中で急に刃の立たない部分が出てきます。

この石も、ちょうど矢印の部分に、異常に硬い鉱物が混じっていました。

刀は欠けるし、うまくいかないし、困ったものです。

天然自然のものなので仕方ないのですが、

たまたまにしては、続けざまに出てきます。

こんなのが度々では気持ち良くはないのです。

 さて、この矢印。

筆記体というくらいですから

文字ですが、一ひねりしていますので

読めますかねー。

2×5センチ

| | コメント (2)

おもしろ印No.626 人

Photo_4  なんの変哲もないものですね。

 目の前に無造作に置いてある

 銀紙でできた人の形を見て作ったものです。

テ・カール君の友達になるといいのですが。

2×2センチ

| | コメント (0)

2008年6月 1日 (日)

おもしろ印No.625 ゑ 笑む 酔ふ

Photo_3 いろはシリーズ ゑ

 「笑む 酔ふ」

 何とよむかというと

「ゑむ ゑふ」ですね。

古語で笑うと酔うのことです。

僕は日本酒で三合、つまり一合の徳利で三本が限界です。

三本以内ならば、微笑んで良い気分で酔える、ということです。

2×2センチ

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »